トップページへ

当事者を示すマークのご紹介

目には見えない病気や障害を持っていることを示すマークがあります。
これらのマークには法的な拘束力はありませんが、障害を示すマークとしての認知向上、普及が図られています。

ヘルプマーク(東京都など)

何らかの理由で、援助を必要としていることを示します。
援助が必要なら、障害や病気の種類を問わずだれでも持てます。
マークは、配布される際に書き込み用シールが付属しており、必要な援助の内容などを書き込むことができます。
このマークを付けている当事者が必要な援助はそれぞれ異なりますので、ご本人の意向に沿ったお手伝い・援助をお願いいたします。

東京都のヘルプマーク紹介ページ

ハートプラスマーク

内部障害(心臓機能・腎臓機能・呼吸器機能・ぼうこうまたは直腸の機能・小腸機能・HIVによる免疫機能・肝臓機能の障害)を持っていることを示すマークです。
原則として、前述した「内部障害」を持っており、身体障害者手帳の交付を受けている人が使用しています。
目には見えないが、体の障害を持っていますので、多機能トイレの使用を優先するなどの配慮が必要な場合があります。

特定非営利活動法人ハート・プラスの会

ご注文フォームへ

※フォームへ移る前に、お支払いと発送についてをご覧ください。

→当事者向けグッズのご注文フォームへ

Twitterページへ Facebookページ

当事者マークを付けている人を見かけたら?

電車

エレベーター・エスカレーター

接客で

お問い合わせフォーム

inserted by FC2 system